郊外WEB屋&ITジジイのなんて事はない日々の記録

水素エンジンについてお勉強

TOYOTAのYoutubeチャンネルから

今日もSDGs的な個人的なお勉強です。

日本は水素エンジンなど開発など世界がBEVまっしぐらの世の中で別の選択肢を模索中であります。しかし、そもそも水素水は水を分解してわざわざ水素水を作っておく必要があるのかと言う課題が気になるところであります。(ここでは川崎重工の採掘から水素作りは省いて書いてます。)結局電気を使うのなら最初からEVで良いのではと言う疑問が起きます。

問題はエネルギーの蓄積方法ではないかと個人的に思います。石油燃料はそのままタンクに蓄積しておくことができます、なぜなら運動エネルギーの元であるものは燃焼なのでそれまで形をとどめておくことができます。

自然のエネルギーを電気にして保存しようとした場合バッテリーに充電しないといけませんがそのバッテリー自体が大きさとか重量とか充電量が問題じゃないかなと個人的に思います。※個体電池の開発は省いて考えてます。

水素水は一旦電気を使うが水を原料として使用する以外に自然界への影響は電気設備とその維持だけなので…水素水?(ガス?)を蓄積し必要に応じて運動エネルギー材料にするという考えではないかと個人的に思いました。

日本は自然環境から電気を頂くのは他国に比べて非常に苦しい環境だと何かで読みました。そうすると水素エンジンか?しかし固形電池の開発も進んでる世の中、うーんどっちが良いのか悩むわけです。

なぜ悩む?自分たちには今後の車選びの選択の際にどういった駆動機器を選ぶのか?メーカーを選ぶ以上に大事な事になりそうな気がしてます。