郊外WEB屋&ITジジイのなんて事はない日々の記録

コロナワクチンをうたない方の気持ち

ニュースで増え続ける感染者数のニュースを多数みる中ですがコロナワクチンをうたない方の気持ちがなんとなくわかったような気がする本日です。訪問先(VPN工事なのでリモートワークは不可能なので訪問)でワクチンをうったかスタッフの方に聞かれて・・・

「はい、ファイザーで予約可能になった時点で早々に予約して週末に1回目は受けました。2回目は来週です」

と安心して頂こうと思ってお伝えしたつもりが、逆にスタッフの方には、ため息をつかれて「実は予約をまだしてない」という話でした。ワクチンをうったらどうなるか心配されているのですが、話した内容は半分は入らない状態でした。要はすでに情報が色々毎日でているので繰り返し聞いている中にネガティブになってしまうニュースやフェイクニュースなども一緒に多数入ってきます。

なのでご本人は情報が錯乱する中で打たない判断をされているとの事。

確かに小生でも感想を聞かれると(この記事を書いているときは1回目のみ接種した情報)注射した箇所が2.3日痛かった、特に初日の夜は睡眠中に痛みで起こされるくらい寝返りもきつかったとかネガティブな話しか出てきません。

セキュリティーソフトと同様で効果が発揮されている時は確認も自覚もないのですから感想を聞かれたら「自覚症状がない」という答えになるのではと思いました。感想を聞かれた時点で「別に何もなかった」という感想を言えていたら、そのスタッフの方も「そうか何もないなら接種しておこう」というはず、反省する今日この頃でした。