レスポンシブWebデザイン


レスポンシブWebデザインのイメージ

レスポンシブWebデザイン


制作事例


犬山病院様
(医療法人桜桂会様)

美鈴工業様
 
     
     

そもそも、レスポンシブWebデザインって?なんでしょうか?

上の図をご覧下さい。パソコン、タブレット、スマートフォンがありますが、この端末(機械の事です)は表示する画面サイズがそれぞれに違います。昔と違って、この画面のサイズはスマートフォンの普及で非常に幅が広くなりました。「ふーんそれでなんなの?」と言われそうですが、スマートフォンではパソコンの画面を無理やり全部画面の中に押し込んで表示したりケースって?多くないですか?

そこで、レスポンシブWebデザインが生きてきます。


もう一度、上の図をご覧頂くと、同じページ内容ですが、表示がそれぞれに違います。これをレシポンイブWebデザインと言います、スマートフォンで端末(機械の事です)利用の場合は、スマートフォンに合わせて表示を自動で変更して、中身の表示を勝手に縦に並べ替えたり、タブレット端末の場合は、表示はいいですが、サイズを自動で調整したりして、表示を見ている端末に合わせて、Web(ホームページ側)がカンタンに言えば、変わるという仕組みの事を言います。

 
content